銘柄調査。[AIR] AAR Corp.

銘柄

どうもこんにちは。いや、こんばんは。

つきたんです。

 

日本株ブログで銘柄調査の記事を書いてみて、これは米国株でもやってみたいなと思ったので書いていくことにします。

初回は [AIR] AAR Corp. にしてみました。

[AIR] AAR Corp.の本社所在地、設立年月日等

本社所在地

アメリカ合衆国、イリノイ州 60191、ウッド・デール、ノースウッド・デール・ロード 1100

(1100 North Wood Dale Road, Wood Dale, Illinois 60191)

 

Google Mapのストリートビューで見たらすっごく好きな景色だった。高層マンションみたいなのはなくて、だだっ広い。日差しが強くて。

3キロくらい離れたところにシカゴ・オヘア国際空港がある。割と近いんじゃないかなと思うんだけど、音とか平気なのかな?まあそんなこと気にしてたら航空業界で働けないか。

設立年月日

1955年(年月日不明)

 

古き良きアメリカのベンチャーって感じですね。

[AIR] AAR Corp.の事業内容等

セクター

工業製品

(Industrial Goods)

業界

航空宇宙製品/部品

(Aerospace Products/Parts)

事業内容

  • 航空機メンテナンス(Airframe Maintenance)
  • コンポーネントの修理、着陸装置、ホイール、ブレーキ(Component Repair, Landing Gear, Wheels & Brakes)
  • パーツ・サプライ(Parts Supply)

従業員数

5,650人

役員

Mr. John McClain Holmes III   CEO, Pres & Director
Mr. Sean M. Gillen                  VP & CFO
Mr. Eric S. Pachapa                VP, Controller & Chief Accounting Officer
Ms. Jessica A. Garascia          Gen. Counsel
Mr. Terry D. Stinson               Exec. VP

 

CEOとは「最高経営責任者」ですね。英語だと「Chief Executive Officer」です。

Presはプレジデント。団体の長を表しています。Directorは役員のこと。「Pres & Director」で代表取締役社長かな。

VPはVice Presidentの略で、副社長のこと。

CFOはChief Financial Officerで最高財務責任者のこと。

Chief Accounting Officerは最高会計責任者のことです。財務との違いは、会計に特化しているところですね。財務のほうがより戦略的で全般的に見る感じになるでしょう。

ControllerはChief Accounting Officerと同じようなものという認識でいいと思います。

Gen. Counselは法律的なことを扱う専門家です。

Exec. VPはExecutive Vice Presidentのことだと思います。

株式情報、決算日

市場

NYSE(ニューヨーク証券取引所)

決算日

5月末

 

決算が5月末って珍しい気もしますけど、米国だとそうでもないのかな?

株価チャート

直近は新型コロナウイルスの影響で思い切り下がっています。新型コロナウイルスが騒がれだしたあたりが45ドルくらいで、そのあと10ドル以下まで下がっています。最大で4分の1から5分の1近くまで下がってますね。

時価総額、配当利回り、PER、PBR

時価総額

4.6億ドル

配当利回り

1.67%

PER

7.16

PBR

0.68

 

大きな事業に思えますが、意外と時価総額が低いなあと思いました。まあそれも直近の株価下落のせい?

配当利回りは少ない気もしますが、まあこんなもんでしょう。

PERはやや低め。PBRは1割れしていてだいぶ底値を過ぎてるんじゃないかと思います。銀行株とか不動産株ならともかく、業績のいい工業製品株なら買い時じゃないかなって思います。

業績

売上高

売上を着実に伸ばしています。

売上総利益、営業益、税引前利益、当期純利益

2015年は営業益、税引前利益、当期純利益がマイナスでしたが、毎年着実に利益を確保できていると思います。非常に頼もしいです。

キャッシュフロー(フリーCF、営業CF、投資CF、財務CF)

2016年は荒れていますが、直近はフリーCFも確保できていますね。悪くないです。

2019年は財務CFが大きくマイナスですが、フリーCFが大きく確保できていることから考えて、借り入れせず自力で返済をしているのかも知れないですね。そうであれば評価が良いです。

大株主

法人の大株主

BlackRock, Inc. 616.0万株
Vanguard Group, Inc. 350.80万株
Dimensional Fund Advisors LP 295.56万株

BlackRock, Inc.は世界最大の資産運用会社。

Vanguard Group, Inc.は世界最大規模の資産運用会社。

Dimensional Fund Advisors LPは民間投資会社。

役員の大株主

David P. Storch5 152.85万株
John M. Holmes 43.98万株
Robert J. Regan 31.57万株
Marc J. Walfish 11.37万株
Michael R. Boyce3 9.15万株
Patrick J. Kelly4 7.32万株
James E. Goodwin 6.64万株
Norman R. Bobins 5.72万株
Anthony K. Anderson 2.35万株
Eric S. Pachapa 2.21万株
Peter Pace 2.17万株
Jennifer L. Vogel 1.87万株
Ronald B. Woodard 1.64万株
Sean M. Gillen 1.34万株
Duncan J. McNabb 0.83万株

総評

PBRが0.68で底値をだいぶ過ぎている感じだし、業績は手堅くコツコツ売上を伸ばしているので、まずまず良いと思えます。あと、大株主に大きな資産運用会社がついているのは心強いですね。まあ、いつまでついているか分かりませんが。

今は旅行が自粛ムードだし飛行機を使う機会は減っているかも知れませんが、貨物機や戦闘機などもあるわけだし、飛行機がなくなることはないので手堅いのかなって思っています。

 

以上です。最後まで読んでくださり、ありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました